風俗でバイトするならどんな格好がいいの?

風俗で働いてみてから意外と困ることに服装や下着と言ったものがあります。
風俗嬢は昼間働いている女性が多いので、スーツでお店に出勤してくる女性もしばしばです。
OLイメクラならいいかもしれませんが、OLイメクラだとしてもプライベートな姿を見せるのは気が引けるものです。
お店によっては、お客さんをお迎えする服装や格好を用意してくれるところがあります。
しかし、大半は自前であり、私服かもしくは自腹で少しエッチな感じの服を買うことになります。
決して高いものではありませんが、必要になってくるものなので準備が必要です。

また、下着はもちろん自前のものになります。
風俗を利用するような男性に好まれるエッチな下着は、アダルトショップやドンキホーテで販売していることが多いです。
ただ、普通の下着が好きという男性も多いので、この辺は自分の容姿やスタイル、プレイでどういった印象を与えたいかを考えて選ぶといいでしょう。
あまりに自分からかけ離れた過激なものを選ぶと、プレイで苦労するかもしれません。
そういった点にも注意して、下着は選んだ方がいいと言えます。

いずれにしても、下着に関しては女性によってさまざまなパターンが存在しています。
出勤してから軽く汗を流して、仕事用の下着に履き替えてからサービスをする女性もいますし、着の身着のままやってきて下着もかえず、そのまま接客にはいる女性もいます。
そのままの場合は、フリーターの女性なら直前に履き替えてから来る場合もありますし、昼間働いている女性なら朝の時点で仕事用の下着を身につけている場合が多いでしょう。
中には本当に普段の下着で昼間働いて、普段の下着のまま風俗で接客をするという女性もいます。
注意しておきたいのは、お店がソープなのかヘルスなのか、また即本番店なのか、あるいはお客さんによって変わってしまうのですが、下着を身につけたままプレイをしてほしい、したい、勝手にはじめると言った場合が存在するということです。
勝負下着のような綺麗なものである必要はありませんし、年季が入っていて汚れているからダメというようなこともありません。
ただ、お客さんの目に触れるものであることと、パンティをずらして挿入する、通称パンズラハメなどがありますので、そういった場合でも問題ない下着を身につけておくことが好ましいといえるでしょう。
間違っても、お年を召した女性が身につけるようなパンティは履かないことです。
普段着だし、着心地も楽という場合などがありますが、やはりここは風俗ということもあり、最低限の気配りは心がけましょう。