風俗って挿入が怖い。怖くならないための挿入対処法。

風俗の中で比較的に安全だと言われているのがホテヘルを代表とするヘルスです。
この時点で気を付けておかなければならないのは、営業形態はヘルスとしていながら、本番行為をNGとしていないお店も存在するということです。
面接時や面接のアポイント時に、聞いておいた方が確実だと言えます。
とにかく安全性を重視したい場合は、本番はNGをちゃんと打ち出しているお店にしましょう。

ヘルスで働いていて最大の問題は、本番を強要してくるお客さんは少なからずいるということでしょう。
本番を強要してくるお客さんは2つにわかれます。
1つはヘルスが本番禁止だと知らず、風俗とひとくくりにしてソープと混同したまま利用するお客さんです。
そういった場合には、丁重に本番はNGであること伝えましょう。
もう1つは、ヘルスと知っていながら本番を強要してくるお客さんです。
あわよくば挿入して気持ち良くなりたいと思っているお客さんは、ノースキンで挿入してこようとする場合が多く見られます。
それではヘルスで働いている意味がないので、きっぱりと断りましょう。
しつこく強要してくる場合もありますが、そのときはお店の人に電話をして、早急に対応してもらうのが一番でしょう。

また、中にはリピーターとなり、気心知れたためにコンドーム有りなら挿入してもいいかというお客さんが現れるかもしれません。
その際に注意したいのは、体位を変える途中などで、そっとコンドームを破ったり外したりして、結果的にノースキン状態で挿入しようとするお客さんもいるということです。
この場合は、かなり注意が必要です。
気心知れているだけあって、アナタもまんざら嫌いではない男性である可能性が高いです。
なので、ノースキンで挿入されたという危機感よりも、裏切られたという気持ち的な問題が際立つと思います。
場合によっては中出しまでする男性もいますので、精神的にも肉体的に、かなり傷ついてしまうかも知れません。

やはり風俗という都合上、男性は常に挿入をしたがっていると思うべきだと思います。
もちろん、会った瞬間から無理というお客さんは存在します。
しかし、相手の前戯がことのほか気持ち良く、アナタの中の本能が挿入を求めてしまうという場合もあります。
ですので、もし挿入を許してもいいと思っても、本当に大丈夫なのかしっかり検討した上で、OKかNGかを判断してください。
そして、OKな人に出会えたら、思う存分、セックスを楽しんでください。