いつか来る日

人が亡くなれば行う事…葬儀、葬式…どんな人にでも関係があるこの葬儀や葬式の事…斎場の手配や其の場所での常識、更には葬儀にかかる費用など…
必ず訪れはするけれど、そう何度も何度も自分が喪主としてしきるような場面はでてきませんよね?
だからこそ…未経験のままでいてパニックにならないように、亡くなった方を侮辱してしまう結果にならないように今から様々な知識を付けておきませんか?

そもそも、葬儀や葬式と言う物は人の死を弔う為に行う物、本当に大昔から行われていた物です。葬儀の方法にはその人の死生観や宗教等が深く関係していますから、全てが同じ方式ではありません
これは亡くなった方へ向けて行う物でもありますが、本当の意味は残された人へ向けてその人の死を真っ直ぐに受け止め、整理を付ける為に行う物なのです。

なんとこの葬式や斎場で行う行為の原型は旧石器時代から行われているという宗教的な行為なのです。人間にはもともとそのように人の死と言う物を理解し、弔う心があったのですね。
実際に自分が喪主になればわかる事ですが、斎場の手配や葬儀のあれこれ…本当に大変なんです!金銭的な問題もそうなのですが、それ以上に見た事もないような手続きや手配が次から次へと必要になってしまいますし、亡くなった方の保険手続きだったり、または口座や支払い、遺産のあれこれ…葬儀以外にも山ほど片付けなければいけない事が出てくるのです。
当日に戸惑わないようにしっかりと学んでくださいね?

更に…現代になるにつれて葬儀の形や方法、供養のしかたも変化していますから、貴方の家や仕事の事情などによってその変も柔軟に考えなければいけません。
忙しさにかまけてそのまま流されないようにしましょう。

外部リンクへ

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし